Energy Saving Renovation エコ改修事業(エナジー セ−ビング リノベーション)

ジベル

下地が劣化している場合、タイルなどの接着性に問題が有る場合は 機械的な接着方法「ジベル」を併用します。

ジベル

通常は接着材で張ってゆくEPS断熱材に、さらに専用ジベルを使うことで、 下地への固定を確実にします。専用ジベルは、熱橋が無い様にEPS断熱材の 内部に埋め込まれるようにセットされます。
断熱材で劣化を抑え、ジベルで補強されたコンクリート下地やタイルに メンテナンスの必要は有りません。

ジベル製品は、進化途上の材料です。 新しく開発された新型ジベルは、一つの製品であらゆる厚みのEPS断熱材を 固定することが可能です。
Youtubeリンク

ジベル製品

ページトップへ